借地権とは

借地権というのは、土地を第三者から借りて、自分が所有する建物をその土地に建てることです。
しかしながら、自分のものに建物はなりますが、基本的に他の人のものに土地はなります。
そのため、地代が発生したり、どうしても地主との間には借地借家法上・建物賃貸借契約上において制約がいろいろ生じてきたりします。
例えば、各種手数料が名義変更や増改築に伴って生じたり、売却や増改築、譲渡の場合には地主の了解が必要になったります。
また、売る場合にも、所有権に比較して土地を借用するのみの権利であるため低い資産価値になってしまいます。
借地権者にとってはこのような不都合な場合が多く、借地権者の多くが悩んでいるのが実状です。

また、借地権としては、現在、平成4年に制定された新しい借地権と旧借地権の2種類があります。
旧借地権の場合には、借地権者側の立場を保護する強い意味合いがあり、トラブルが地主側との間に多く発生し、借地権の取引そのものが次第に少なくなってきました。
そのため、新しい借地権は両方の便宜を図る目的で改正したものです。
しかしながら、現在においても旧借地権による多くの契約があり、新法と旧法が混在しています。
というのは、旧借地権で当初契約したものは、更新などの場合でも自動的に新法に切り替わらないためです。
新しい借地権に旧借地権から切り替える場合には、新しく契約そのものを取り交わす必要があるため、注意が旧借地権の契約内容によっては必要になります。
ここでは、優先的に借用できる、土地を借りる権利、についてご紹介します。

Copyright © 2014 借地権とは All Rights Reserved.